益子秋の陶器市

 先週末のことですが。

 毎年秋のお楽しみ、益子町の陶器市へ遊びに行ってきました。
 アイアンや木工、ガラスなどの作家さんたちの出店もあり、平日休日問わず大賑わいのイベントです。

花器/陶工房 里一
 ■ 陶器の花器 ■

 陶工房 里一(さといち)
 岩手を拠点に活動されている作家さんです。

 数字大好きな息子もお気に入りの一品です。
 四角いフォルムが格好良くて、即二人で決めました。

 絵本と称してガーデニングのムックを息子と眺めては、ミッケ遊びをよくしています。
 そこに度々登場する数字のモチーフ。
 この度、我が家にも数字モチーフがやってまいりましたよっ!!

Xmasオーナメント/陶工房 里一
 ■ 陶板のクリスマスオーナメント ■

 こちらも里一さんの作品。

 一目惚れです。
 立て掛けただけで、物語が見え隠れするデザイン。
 店頭には、ブルーの釉薬がかかったものなど色や柄も様々ありました。

Xmasオーナメント/陶工房 里一
 光の加減で、落ち着いたゴールドにもシルバーにも見えます。
 飾り方次第で色々遊べそうです。

ガラスの鏡餅/硝子屋 PRATO PINO
 ■ 硝子の鏡餅 ■

 硝子屋 PRATO PINO
 千葉を拠点に活動されている作家さんです。

 じつは、昨年の秋に陶器市で見かけていたものの、購入せず帰宅。
 えらく後悔をしました。
 そこで、今年春の陶器市で再度ブースを伺いましたところ、季節ものということで残念ながら在庫なし。
 今回は三度目の正直。
 無事、お迎えすることが出来ました。

ビオラ
 前回、前々回にお迎えした雫の形をした一輪挿しもお気に入りで、今の季節はピンチしたビオラを生けています。

鏡餅とオーナメント
 年末年始の準備(ビジュアル面)が着々と進んでおりますよっ。
関連記事

0 Comments

Post a comment