スノーピークのシステムボトル

 マイボトル
 SIGGのトラベラーと、スタンスポーツのレキサンボトル。
 いずれも丈夫で便利に使っておりますが、保温保冷に関して全くの不向きちゃん。
 保温機能装備で、デザインも宜しい品を日々物色しておりました。

 別件で立ち寄った店で、たまたま出会った一品がコレ。
 スノーピーク(snow peak) システムボトル350 TW-070
 色は、赤(SIGG)・赤(スタンスポーツ)ときましたので、今回も赤でまいります。

 製品の詳しいことはオフィシャルを見ていただくとして、コチラでは使い勝手を。

 タンブラーキャップ
 大きく傾ければ当然液漏れしますが、カントリーマンでの走行時、ドリンクホルダーへ入れておく分には平気でした。
 鞄に入れて持ち歩くには、ちょっと向かないかと。
 その時はクーラーキャップや保温キャップを。

 スライド式の蓋を閉める際、飲み口にわずかに残ったコーヒーが飛んでヒヤッとしました。
 着衣や周囲を汚さないように気をつけねば。

 使用後のお片づけ。
 分解できる上に複雑な形状は皆無なので、洗いやすく衛生的だと感じました。
 また、分解時にパーツ点数の一番多いタンブラーキャップでさえ、キャップ本体とスライド蓋とパッキンの3つのみ。
 これもポイント高いです。

 クーラーキャップの使用感と、BD-1につけたボトルケージとの相性は...後日ためしてUPします。
関連記事

0 Comments

Post a comment