続:SIGGボトルをどう洗う?

ボトル
 こんにちは。
 日々「計210円部隊」でSIGGボトルをちまちまお掃除しているきざはしです。

 ようやく暖かな日が続くようになり、手持ちのボトル達の活躍する場が増えて参りました。
 日常紅茶を愛飲していることもあり、使用回数に比例してボトル内部につもっていく茶渋。
 こりゃ何とかせねばと魔法の粉のお世話になりましたよ。

 魔法の粉=重曹+クエン酸 2:1

 目安は、容量500mlのボトル...水筒...に対して大さじ2:1だそうです。 <手持ちのナチュラルクリーニングの本参照
 ということなので......。

 1. 愛用のSIGGトラベラー600mlに重曹大2+クエン酸大1を入れ、熱湯をボトルの半量くらい注ぎ入れる。
 2. シュワシュワと発泡し始めるが、気にせずに蓋をきっちり閉める。 <ゆるいと隙間から湯が噴き出します。
 3. 発泡が終わったら...音がやんだらボトルを上下に振る。
 4. 蓋をゆるめ、プシュッとガス抜き。
 5. 再び蓋を閉め30分程度放置。
 6. よく振ってから、中身をぽい。
 7. 数回すすぎ洗い。 <物がアルミなだけに、よくすすぐ。

 言わずもがな、熱湯を使用するので火傷に注意です。
 SIGGボトルは熱伝導率が高いですからねえ、とっとと熱くなって触れた物ではござんせんよ。
 ...それなのにねえ。
 毎度うっかり触っちゃってねえ。

 ステンレスの保温ポットの水あか取りも、この方法でしています。
 専用のお掃除タブレット等より経済的ですし、量の加減も自由がきくので便利に使っています。
 ブラシ洗いでどうにもならなくなってきましたならば、お試しを。 <願:自己責任


 SIGGのお掃除的過去記事
 : SIGGボトルをどう洗う?
関連記事

0 Comments

Post a comment