スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イージーカバーを作ったぞと

 日々の拍手ありがとうございます。
 俄然やる気UPのきざはしです。

 GWに突入するやいなや、おでかけ日和な今日この頃。
 イージーカバーが欲しくなり、毎度おなじみの自作に励みました。 <インドア......っ!?
 目標は、イージーカバーとちび輪バッグの良いとこ取り。
 欲張ります。

 以下、既製のイージーカバーとの比較でございます。

イージーカバー自作イージーカバー

開口部比較
 ちび輪バッグを使用されている方に、ベルトを通す穴が小さくて面倒に思うことがあると伺っていたので、大盤振る舞いとばかりにガッツリと上部ハッチ開放~。
 これだけ開ければ問題なかろうという、きわめて単純な解釈です。

 重さは...後でUP約420gです。

イージーカバー
 : r&m BD-1イージーカバー :
 銀色に輝くイージーカバー。
 ちょっとくらい濡れても、へっちゃら仕様の頼もしいコ。

 上部の穴から腕を突っ込んで、フレームを直持ちするようになっています。

自作イージーカバー
 : きざはし手製イージーカバー :
 頑丈さが信条のちょっと厚めな綿100%。
 撥水スプレーという呪いを掛けてあります。

 ちび輪バッグに習ってベルトで担げるように、穴位置を設定。
 上に書きましたが、サイズを大きくとることで、ベルトを通す作業をしやすいようにしました。
 ベルトは以前自作した担ぎますベルト+Timbuk2のストラップパッドです。

自作イージーカバー
 深く考えずに設けた大開口部の閉じ方。
 ベルトを通して口を閉めるとこんな感じです。
 ベルクロテープで2カ所留まるようにしました。
 さすがにおっぴろげは宜しくなかろうと......。

 留め方はボタンやファスナー案もありましたが、お手軽感を優先させた結果、ベルクロテープでポイント留めに決定。

自作イージーカバー自作イージーカバー自作イージーカバー

 裾の綴じ紐は派手に赤。

 無駄に自己主張。


 肝心の担ぎ心地は......ボトルケージが右腰骨にダイレクトアタック。

 はい。
 別問題でございます......っ!?
関連記事

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。