スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秩父織物フェスティバル

花笠
 10/6~8の三日間執り行われる、秩父祭屋台国指定50周年記念事業 秩父祭笠鉾特別曳行
 二日目の本日は、会場となる秩父神社周辺にて秩父銘仙のイベントが催されると知り、遊びに行ってきました。

 秩父織物フェスティバル/@chichibuorimono
 秩父織物フェスティバル/Facebook

 織物フェスティバルのメイン展示会場になっている知知夫ブランド館では、秩父銘仙の作品を見学。
 会場内で行われていたアンケートに答えると、きものカフェで当日使えるサービス券と銘仙柄手ぬぐいをいただけるとのこと。
 ええ、しっっっっっっかり書き込んで参りましたとも。
 見返りがあると、より燃えるタイプです。 <正直者

 そういえば、今後どのような商品展開を望みますか?的な質問がありました。
 秩父銘仙特有の大柄パターンを存分に楽しめるように、面を広くとったものが良いと思います。
 と、主張してみる。
 着物はモチロンですが、ネクタイよりもシャツ。
 シャツよりもワンピースみたいに。
 そのほうが、眺めて楽しい。 <これ大事
 ブックカバーも手軽かつ可愛らしい。
 しかーーーっし!!
 大柄パターンを全面に押し出して欲しい......な。
 や、個人の意見ですので。
 
 さらに、結構な数の具体的なサンプルの提示付きで、何番が欲しいですか?といったものもありました。
 ......さすがイベント事務局が地元商工会議所だけあって、秩父銘仙にかける本気度をひしひしと感じます。
 そうか、このアンケートの評判次第で商品化されるものがあるということですな。
 こちらも本気の回答をいたしましたさ。
 近い将来、様々な銘仙グッズが店頭に並ぶ様子を妄...ではなく、想像。

 ステキだ。

 路上着物ファッションショーでは年代物の銘仙に加え、地元の染め屋と織り屋の最新作を拝見。
 それぞれの女将さん方が、自ら手がけたの秩父銘仙をまとって参加されていました。
 眼福至福。

織物フェス織物フェス織物フェス

イニミニマニモ
 それから、ありがたくも頂戴しましたサービス券。
 しっかり活用。
 このイベントに合わせて秩父神社周辺のカフェが数店、銘仙のギャラリーを兼ねた着物カフェになっていた模様です。
 そのなかのひとつ、イニミニマニモさんへ。
 この夏にオープンしたての、北欧雑貨をメインにしたお茶も出来るお店です。
 コチラのお店がまた......。
 その場に存在する物すべてが可愛らしいったらもう......っ!?
 秩父にお店を開いてくれてありがとうと武甲山にむかって叫びたい衝動.........きざはし家的秩父周遊コースに追加決定です。
 ああ、上手く伝えられない自分が歯がゆい。

 紅茶とベルギーワッフルを頂いて甘い物チャージも完了。
 次回はコーヒーとチョコケーキだな。

 色々とおいしいお祭りでございました。
関連記事

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。