スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日当たりが変わってきた

 9月になり、日の当たり方が変わってきました。
 夏場は日の出から30分間、朝日が一部に差し込むだけの明るい日陰だったベランダ。
 最近はそれに加え、南側から午前中いくらか直射日光が入ってくるようになりました。

ベランダ日当たり一等地
 ベランダの南側手すり付近は、これからの季節、日当たり一等地になります。
 秋は多肉植物の生長組。
 冬になると花鉢がここに並びます。

夏越しプリムラ
 まだ直接の日差しが届かずに冬の寒い時期に日向となるここは、プリムラの指定席に決定です。

 か弱い姿になりましたが、みごと夏越しなるか?
 これから葉数を増やしていっていただきたい、プリムラのアンティークマリアージュ。
 加湿で蕩けないか、まだまだ心配は続きます。

ヒューケラ鉢
 半月前、カエル様が日参されていたヒューケラ鉢。
 日照時間が少ないこともあり、全体が緑色になりました。 
 夏の間、色々なグリーンを楽しみました。

 これから日が当たるようになると、オレンジ、ブラウン、パープル、ブラック、シルバーへとそれぞれが変化していくはず。
 楽しみです。
関連記事

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。